メガ検索

ブラック・ラグーン

全12話 (2006年)

ブラック・ラグーン

日本の商社・旭日重工に勤めるしがないサラリーマンの岡島緑郎。取引先にディスクを届ける旅の途中、南シナ海で改造魚雷艇に乗った海賊まがいの3人組“ラグーン商会”のレヴィ、ダッチ、ベニーに捕らわれ、訳のわからぬうちに誘拐されてしまう。彼らの狙いは、緑郎がクライアントから依頼され、持っていたディスク。レヴィは、ついでに緑郎を人質にして身代金をふんだくるつもりらしい。見知らぬ地に上陸した緑郎は、3人とともに入った酒場で、とんでもない襲撃に巻き込まれてしまう。そして、事実隠蔽のため会社から見放された緑郎は、自らを“ロック”と名乗り正気とは思えない過激な作戦を口にする…。

同じ時期(2006年)に放映されたアニメ

100万再生以上の神アニメをランダムでもう一度