メガ検索

炎の蜃気楼[ミラージュ]

全13話 (2002年)

炎の蜃気楼[ミラージュ]

戦国時代、天下統一を果たすことなく無念の想いで死んでいった武将たちが現代に甦り戦いを繰り広げる「闇戦国」。闇戦国を終結させるべく、悪霊となり果てた武将たちの魂を浄化し冥界へ送る「調伏力」を使う者たち…彼らは軍神・上杉謙信により使命を与えられた、冥界上杉軍と呼ばれる最強の「力」の持ち主であった。冥界上杉軍の総大将は謙信の養子であり、義兄弟・上杉景勝との家督争いで若くして非業の死を遂げた、上杉景虎…。しかし、現在の彼らの中に景虎の姿はなかった。30年前の織田信長との戦いで破滅的な打撃を受け、宿体を失った景虎は換生は出来たものの、その後に起きたある事件が原因で記憶を自ら封じてしまっていたのだ----。松本に暮らす高校生・仰木高耶の前に怪現象をきっかけに現れた青年....彼は高耶が戦国武将「上杉景虎」の換生者であることを告げ、自らも家臣で後見人の「直江信綱」であると名乗る。しかし、そんな話を信じられる訳もなく反発する高耶だが、身の回りに次々と起こる闇戦国絡みの怪現象に対峙していくうちに自らの「力」を覚醒させてゆく。

各話リスト(↓Kissanimeの動画ページが直接開きます)

同じ時期(2002年)に放映されたアニメ

100万再生以上の神アニメをランダムでもう一度