メガ検索

RD 潜脳調査室

全26話 (2008年)

RD 潜脳調査室

2012年、建設中の人工島沖合で海洋観測実験中『海が燃える』現象に遭遇し、眠ったままの状態になってしまったフリーダイバー・波留真理。2061年、波留が再び目覚めたときには50年もの時が流れ、彼は車椅子で過ごす80歳の老人となっていた。だがその目は海へと向けられ、事故の寸前に海の奥底から感じた『地球律』の謎に向けられたままだった。波留の昔からの親友であり、電理研統括部長の久島永一朗は、彼をこの時代のメタリアル・ネットワーク、通称メタルの情報を調査するダイバーに任命する。そしてその彼の前に現れた少女・蒼井ミナモ。直観力に優れた少女は、波留のよきパートナーとして、観測者としての波留の『閃き』としての機能を果たしていく。ミナモの兄・ソウタは実践的都市型格闘術を身につけた電理研のインターンであり、久島直属の部下である。波留のもとでバイトをするようになった妹ミナモを心配し、波留の事務所に出入りするようになる。そこにいたのが、以前、手痛い目に合わされたことのある介助用アンドロイドのホロンであった。彼らがチームとなって、メタルとリアルの狭間で起こる問題を中心に解決していく。

各話リスト(↓Kissanimeの動画ページが直接開きます)

同じ時期(2008年)に放映されたアニメ

100万再生以上の神アニメをランダムでもう一度