メガ検索

屍姫 赫

全13話 (2008年秋)

屍姫 赫

強い未練、妄執のために、死してなお動く死体――屍(しかばね)。彼らは生きた人間を襲い、殺していく。「屍姫」とは、そんな屍を狩るため、光言宗の秘儀により作られた屍の少女たちのこと。幼い頃に光言宗の僧侶・田神景世に拾われ、児童福祉施設・大麟館で育てられた少年・花神旺里(オーリ)。彼はある夜、景世が住職を務める世空寺で、美しい少女に出会う。少女の身体は冷たく、生きている人のそれとは違う。少女の名は星村眞姫那(マキナ)。彼女は、景世の下で屍狩りをしている屍姫だった……。

各話リスト(↓Kissanimeの動画ページが直接開きます)

同じ時期(2008年秋)に放映されたアニメ

100万再生以上の神アニメをランダムでもう一度