メガ検索

真月譚 月姫

全14話 (2003年秋)

真月譚 月姫

主人公・遠野志貴は子供の頃、助からないと思われるほどの大事故にあったが、奇跡的に一命を取り留めた。だが、その事故をきっかけに、父親によって遠野の家から遠ざけられ、志貴は遠い親戚の家に預けられることとなる。志貴には秘密があった。事故の直後から--モノの壊れやすい線--が視えるようになっていたのだ。その線に刃物を通せば、どんなモノでもバラバラに解体することができた。その能力で悩んでいた志貴は、偶然出会った女性に「死の線」が視えなくなる眼鏡をもらう。そのお陰で、志貴はこれまで普通に暮らして来られた。そして、これからも普通に暮らして行くつもりだった。そんな志貴の元に突然、連絡が届く。遠野家の当主一父、の死。新しい当主の命により、遠野の家に戻るように、と。高校生になった志貴が再び遠野家へ戻った時から、この物語は始まる。

各話リスト(↓Kissanimeの動画ページが直接開きます)

同じ時期(2003年秋)に放映されたアニメ

100万再生以上の神アニメをランダムでもう一度