メガ検索

うえきの法則

全51話 (2005年)

うえきの法則

火野国中学に通う1年C組・植木耕助は、表向きは担任の先生、実は神候補のひとり・小林先生(通称 コバセン)から“ゴミと認識した物を木に変える能力”を与えられる。 ある日の試験中、たまたま植木の能力を目のあたりにした同級生の森あいは、植木に怪訝な目を向けて正体を暴こうとつけまわす。しかし植木の自己犠牲的な“正義”の行動を目にしていくことにより、いつの間にか植木の理解者になっていく。そして能力を与えられた植木は、小林先生を含む100人の神候補たちによる、“中学生に世界を託して、どんな法則を持つ奴が世界を変えるのか見るバトル!”に巻き込まれていく。そのバトルで優勝した中学生には、手にした者が好きな才能を書き込める“空白の才”が与えられる。この奇想天外のバトルには、“ゴミを木に変える能力”を持つ植木の他にも、“理想を現実に変える能力”“手ぬぐいを鉄に変える能力”“ビーズを爆弾に変える能力”といった驚異の能力を持った難敵、強敵がぞろぞろエントリーしてくる。そして“空白の才”が悪の手に渡るのを阻止しようとする植木の前に立ちはだかる。果たして植木は世界一の中学生になることができるのか・・・!?

各話リスト(↓Kissanimeの動画ページが直接開きます)

同じ時期(2005年)に放映されたアニメ

100万再生以上の神アニメをランダムでもう一度