Kissanime復活!!!(`・ω・´)キリッ

【人気(PV数)順】
全282クールアニメランキング
- 心理戦 -

【1位】未来日記

全26話 (2011年)

「未来の出来事が書かれた携帯日記=未来日記」の所有者間で繰り広げられる殺人ゲームに巻き込まれてしまった中学生・天野雪輝が主人公のサスペンス・アクション。内向的で冷めている雪輝の成長、雪輝を盲目的に愛する最強のヒロイン・我妻由乃の動向、そして個性的な12人の未来日記所有者によるバトルなどが見所。

【2位】絶園のテンペスト

全24話 (2012年)

ある日、魔法使いの姫君が樽に詰められ島流しにされた。ある日、ひとりの少女が唐突に殺され、犯人が捕まらず時がすぎた。そしてある日、復讐と魔法をめぐる、時間と区間を超えた戦いが始まった! 正気と狂気、理性と知性。自信と確信。悲劇で不合理な世の中で物語は始まる――。“はじまりの樹”の加護を受ける魔法使いの一族・鎖部一族。その姫宮にして、最強の魔法使い鎖部葉風。彼女は“はじまりの樹”と対をなし、破壊の力を司る“絶園の樹”を復活させようとする同族の鎖部左門によって、無人島に樽に詰められ流されてしまう。葉風が孤島から流したメッセージを、妹・愛花を殺した犯人に復讐を誓う少年・不破真広が拾う。真広は犯人...

【3位】ひぐらしのなく頃に

全26話 (2006年春)

昭和58年初夏。都会から遠く離れた山奥の寒村、雛見沢。昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が木霊していた。圭一、レナ、魅音、沙都子、梨花、詩音。今日も「部活メンバー」の明るく、賑やかな声が雛見沢に響いていた。そんな中、梨花は時折悲しげな表情を見せていた。それは毎年6月に行われる祭「綿流し」が近づいていたからであった。過去4年続く、祭りの日に、繰り返される惨劇。毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという「雛見沢連続怪死事件」。今年も惨劇は起こる。梨花は全てを知っていた。ハジマリも、オワリも・・・。繰り返される惨劇の連鎖は断ち切れるのか?

【5位】ひぐらしのなく頃に解

全24話 (2007年)

昭和58年初夏。都会から遠く離れた山奥の寒村、雛見沢。昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が木霊していた。圭一、レナ、魅音、沙都子、梨花、詩音。今日も「部活メンバー」の明るく、賑やかな声が雛見沢に響いていた。そんな中、梨花は時折悲しげな表情を見せていた。それは毎年6月に行われる祭「綿流し」が近づいていたからであった。過去4年続く、祭りの日に、繰り返される惨劇。毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという「雛見沢連続怪死事件」。今年も惨劇は起こる。梨花は全てを知っていた。ハジマリも、オワリも・・・。繰り返される惨劇の連鎖は断ち切れるのか?

【6位】N・H・Kにようこそ!

全27話 (2006年)

大学中退以来、外出するのはコンビニに行く時だけ。友人の数はゼロ。睡眠時間 一日十六時間。そんな生活が四年目に突入する佐藤達広 22歳。彼は気づいてしまった。大学を中退したのも、無職なのも。六畳一間のアパートから出る事ができないのも。すべて巨大な悪の組織、N・H・K(日本ひ○こ○り協会)の仕業なのだと! そんな佐藤くんの前に、突如、現れた美少女中原岬。「あなたは、私のプロジェクトに選ばれました」そう言いながら岬ちゃんが差し出したのは・・・。今の生活から脱出し、社会復帰するためにサポートしてくれるという、信じられない契約書だった! 果たして、佐藤くんは先の見えない現状を打破できるのか? そし...

【9位】輪るピングドラム

全24話 (2011年夏)

子供たち3人で暮らす高倉家。双子の兄は冠葉と晶馬。2人は体が弱く入院がちな妹・陽鞠とつつましくも幸せに暮らしていた。陽鞠の体調も良いある日、3兄弟は水族館へ出かけることにした。久々の3人での外出にはしゃぐ陽鞠。兄たちは目を放した隙に陽鞠を見失ってしまった。その後、兄弟が目にしたのは人垣の中で倒れている陽鞠だった。搬送された病院で、もはや手の施しようがないことを告げられる。亡骸を前に悲嘆にくれる2人。すると突然、水族館で買ったペンギンの帽子をかぶった陽鞠が起き上がり・・・

【10位】うみねこのなく頃に

全30話 (2009年)

「これは永遠の拷問。」伊豆諸島、六軒島。全周10kmにも及ぶこの島が、観光パンフに載ることはない。なぜなら、大富豪の右代宮家が領有する私的な島だからである。年に一度の親族会議のため、親族たちは島を目指していた。議題は、余命あと僅かと宣告されている当主、金蔵の財産分割問題。天気予報が台風の接近を伝えずとも、島には確実に暗雲が迫っていた…。六軒島大量殺人事件(1986年10月4日~5日)速度の遅い台風によって、島に足止めされたのは18人。電話も無線も故障し、隔絶された島に閉じ込められた。彼らを襲う血も凍る連続殺人、大量殺人、猟奇の殺人。台風が去れば船が来るだろう。警察も来てくれる。船着場を賑...

【12位】地獄少女 二籠

全26話 (2006年)

子供たちの間で広がった都市伝説のような噂、それは深夜0時だけアクセスできる『地獄通信』。そこに憎い相手の名前を書き込み、送信ボタンをクリックすると、地獄に墜とせるという話……それはただの噂ではなく真実だった。怨みを持った者が『地獄通信』に書き込むと、その瞬間、セーラー服を着た長い黒髪の少女が現れる。その少女こそが「閻魔あい」。彼女は怨みの感情に共鳴した時だけ、地獄少女に変身する。そして依頼主に契約の証である藁人形を渡し、人形の首にかかる赤い糸を解けば契約は成立し、憎い相手は地獄へと流されるという「地獄流し」の方法を説明する・・・。ただし、彼女は必ず契約した人間に「人を呪わば穴ふたつ。相手...

【13位】XXX ホリック

全24話 (2006年)

<アヤカシ>が見える高校生・四月一日君尋(ワタヌキ キミヒロ)は、<ミセ>の店主・壱原侑子(イチハラ ユウコ)と出会う。「どんな願いでも叶える」という彼女。しかし「それに見合う”対価”」が必要という。<アヤカシ>が見える体質を変えてもらうために<対価>として半強制的に<ミセ>でアルバイトをさせられることになる・・・。

【14位】地獄少女 三鼎

全26話 (2008年)

深夜0時にだけアクセスできる『地獄通信』。ここに晴らせぬ怨みを書き込むと、地獄少女が現れて憎い相手を地獄に堕としてくれる…巷で噂される都市伝説が再びその扉を開く! 実態を失った"閻魔あい"は少女・ゆずきに憑依した。困惑するゆずきにあいは言う「私はあなたの中にいる…」。藁人形の赤い糸が解かれたとき、ゆずきの中から生まれる"地獄少女"。あいは何故、彼女を選んだのか…。

【15位】妖しのセレス

全24話 (2000年春)

少女が16歳の誕生日を迎えたとき、すべての運命が思わぬ方向へと進み出す! 少女の一族は「天女の末裔」であり、その血を引く娘の中に、ときおり天女・セレスが宿る。それが自分自身だと知ったとき、彼女は実の父親にまで殺されそうになる。一族に憎しみを抱くセレスが目覚めたとき、セレスが彼らを滅ぼそうとするからだ。セレスは日本古来の「羽衣伝説」に伝えられるように、天を舞うための大切な羽衣を奪われ故郷へと帰ることができなくなった天女であり、セレスの羽衣を奪った者こそ、彼ら一族の始祖なのだ! 少女は一族の罪を償いセレスを再び天に帰すため、奪われた羽衣を見つけ出す旅に出る!それは少女が自分自身の運命に立ち向...

【16位】神霊狩/GHOST HOUND

全22話 (2007年秋)

この世界<現世>(うつしよ)には、電脳が発達するより遙か昔から、違う世界が重なっている。日本の原風景の面影を残す、地方の小さな町に住む3人の中学生、古森太郎、大神 信、中嶋匡幸。彼らは、それぞれ、消し去ることのできない過去を持っていた。だから、なのか、また違う理由があるのか、3人は<現世>とは異なる世界、<幽世>(かくりよ)へ魂(たま)抜けすることで、行き来することが出来るようになる。少年たちは、<幽世>を冒険するうちに、そこがどこにつながっているのかを知る――。

【18位】無限のリヴァイアス

全26話 (1999年秋)

22世紀初頭。人類はその居住地域を太陽系全体へと広げ、各惑星圏は経済的に独立した地域として繁栄していた。だが、ある時、突如として太陽を中心に発生したプラズマの嵐によって、太陽系の半分は魔の海“ゲドゥルト・フェノーメン”(ゲドゥルトの海)に呑み込まれ、人類の多くが死滅した…。それから約80年後、復興を成し遂げた人類は、太陽系全ての星へ進出していたが、ゲドゥルトの海は膨張を続けており、それに対する解決策はまだ見つけられないでいた…。西暦2225年、航宙資格教程の訓練用ステーション“リーベ・デルタ”で16歳の少年、相葉昴治は弟の祐希や幼なじみのあおいたち仲間たちと教習を受けていた。ある日“リー...

【19位】Night Head Genesis

全24話 (2006年)

人間は脳の容量の70%を使用しないといわれている。 人間のもつ不思議な力はこの部分に秘められていると考えられている。 その使用されることのない脳の70%は、こう呼ばれることがある  "NIGHT HEAD"。 サイコキネシスの力を持つ兄・霧原直人と、リーディングと予知能力のある弟・霧原直也。 その超能力の為に、幼い頃に両親から放棄され、結界に守られた森の中の「研究所」で世間と隔離されて生きてきた。 彼らが長年幽閉されていた施設を抜け出し、普通の社会に飛び出したとき、新たなる「変革」の流れが巻き起こる。

【20位】タイタニア

全28話 (2008年)

星暦と呼ばれる時代が始まるとともに、広大な宇宙に進出した人類は、星間都市連盟に属する多数の都市国家を築いた。宇宙で最大の勢力を誇った星間都市連盟の時代は永く続くと思われたが、「タイタニア」と呼ばれる一族が、連盟を離脱し、ヴァルダナ帝国皇帝より「無地藩王」の称号を得ると、歴史は大きく変動する。連盟軍との戦いでヴァルダナ帝国に勝利をもたらしたタイタニア一族は、「タイタニアなくして帝国なし」と公言し、一帝国の臣下でありながら実質的に都市国家の大半を一族の支配下におき、宇宙の覇権を握った。しかし、八代目藩王アジュマーンの時代を迎えた時、連盟の一都市国家エウリヤとの会戦で、タイタニア五家族当主の一...

【23位】マドラックス

全26話 (2004年春)

地域紛争でフリーのエージェントとして活躍する女戦士・マドラックスと、何一つ不自由なく大都会で日常を過ごす女学生・マーガレット。住む世界も性格も全く違う二人の少女が、ふとしたことから同じ謎を追って「聖都」と呼ばれる地を目指して旅立つことになる。そして、二人の周りに見え隠れする謀略の影…「聖都」で二人を待つ、衝撃の事実とは?

【24位】ガサラキ

全25話 (1998年秋)

自衛隊の全面的な協力の元に新型兵器の開発を進める総合企業「豪和インスツルメンツ」。彼らが開発をしていたのは、古からの伝承を取り入れた二足歩行兵器「タクティカル・アーマー(TA)」だった。シャーマンの能力を内に持つ、「嵬(かい)」と呼ばれる能力者「豪和ユウシロウ」は、豪和ファミリーの四男。民間人でありながら、TA実験中隊に派遣されたユウシロウは、嵬としての能力を発揮してTAの開発を前進させる。そして、彼の能力は「ガサラキ」と呼ばれる巨大な力を呼ぶためにも必要とされていた。 もともと嵬の一族であった豪和ファミリーは、能の舞いを通じて「餓沙羅(がさら)の鬼」と呼ばれる現象を呼び起こし、「骨嵬(...

【27位】秘密 トップ・シークレット

全26話 (2008年春)

「近年急増する凶悪犯罪。その犯人検挙及び全容解明のため、科学警察研究所・法医第九研究室はMRI捜査を開始した。…取り出された犠牲者の脳から見えてきた映像は被疑者だけでなく、本人のあらゆる記憶をさらけ出していた…」科学警察研究所・法医第九研究室、通称「第九」―死体の脳を取り出して被害者の記憶を覗くこの部署では、5人の少年の自殺事件のMRI捜査に追われていた。そこに「真実を見極めたい」と、青木という1人の新人が配属された。まっすぐで誠実な青木に対し、室長・薪警視正は「君は第九に向いていない」と言い放つ。その薪の姿は何か昔を思い起こしているかのようだったが…。そんな折、発砲事件が起こりMRI捜...